高2生現役合格向けプログラム

迷わず公務員を目指すことを決めた人へ
合格に向けた話をします。

このお話は

すでに2022年に公務員試験を受験して内定する進路を決めた方へのものです。

学年で数名の公務員希望者でも高2のこの時期に進路を決めている人は

かなり少ないと思いますし、

何より、このメッセージを必要としている人はあまりいません。

しかし逆に、マッチしていると感じたら、

必ず最後までお読みなることをオススメします。

この募集はこのページだけで行なっていて、定員が埋まるか、時期が来れば、終了します。

もともと社会人や大学生を含めても30名しか募集しないレッスンの高校生の枠での募集なので、

人数も最大で5名までで、締め切りは9月末です。(22水曜日の段階で、残り1名となりました。)

話の概略は

3ヶ月分、90,000円分を無料で、

2022年1月から始まるWeb公務員スクール(高校生現役コース)を

10月から始めませんか?というお誘いです。

つまり

やるなら、早く始めましょうという話しです。

「いや、そこまで決めていない」と思う人には

関係のない話ですが、

なぜ高校生のレッスンを3ヶ月前倒しする必要があるのか?

その理由は、受験を考えている高校生全員に関係のある話で、

まずは

その話からさせてください。

この1年、高校生の公務員就職を支援してきて思うのは、

コロナ禍で試験結果に悪影響が出る、放っておけないことが起きている事です。

私たちが考える試験への影響は3つです。

1 自分のことが表現できない人が急増

部活動や修学旅行やイベント自粛の影響か、社会性を育む機会が少ない為か、

昨年と比べて、自分のことを説明できない人や面接や論文対策に例年以上の時間をかける状況にあること。

具体的には、

●志望動機が言えない

●心に残る思い出がない

●作文が書けないなど、

このような状況を放置したら確実に2次試験で不合格になります。

2 ネット情報が氾濫、情報を正しく整理して、行動を修正する時間がいること。

間違ったことを教わったり、効果のない情報を信じている人も増え、その内容もデマに近いものが横行しています。

●高卒公務員は後悔すると言われる。

●偏差値65の高校に通う生徒が、公務員になるには学年で3番以内に入らないとダメだと言われる。

●高卒で公務員になれる人は身障者しかいない。etc

以前からいろんな話が出回ってましたが、このような個人の見解を超えるデマは、酷くなる一方です。

3 今の大学の現状を正確に高校生に伝えていない

社会性を育む場所がなくなっているのは、何も高校生だけではありません。

大学生の状況はもっと深刻です。

授業は9割以上がオンライン、キャンパスは閉鎖、イベントもサークルも、旅行にも行けない、海外への短期留学もできません。

2年以上も人との接触を制限され、新たな人間関係を築けていない環境は想像以上にダメージが大きいのです。

1つの例として

ある有名私立大学に通っている会員さんから聞いた話を紹介すると、

毎年、応募すればほぼ採用されると先輩から聞いていた

ある企業のインターンシップに全然合格できないというのです。

それも、1つの会社だけに限ったことではありません。

多くの会社で、不採用が続出しているのです。

学業も優秀で、コミュニケーション能力も高い友人がインターンシップの採用でバタバタと落ちるのを見て、その方は不安になって自己開発のフォローのある個人レッスンを探し、卒業後の進路も公務員に変更することを決めたそうです。

自治体も企業も変革とスピードが求められる時代です。採用側からすれば、社会性が乏しい大学生を採用するよりも中途採用でこの数年を乗り切ろうと考えるのは当然です。

あなたが安易に進学して4年後の状況が変わっていない保証はどこにもありませんし、また知らない、知らされていないところで、これだけ社会が混乱しているのですから、来年の受験者が増える可能性もあります。

この3つが、

早めに対策をすべきだと考えた理由です。

あと追加として、私どもの都合もあります。

今、ご説明の通り、来年は今まで以上に、レッスンをより丁寧に実施する必要があります。

レッスン内容が濃くなれば、負担は増えますので、他の事務作業を出来るだけスピーディーにしたいのです。

かと、言って、

人が嫌がるプッシュ型の勧誘やメールやLINEの配信を行うつもりはありません。

あなたが必要だと感じて、調べて、このサイトを見つけて

お読みなっているように、

自らアクションを起こされた方との出会いを大事にしたいからで、そこにはこだわりもございます。

ただ、

個人レッスンのため、入会の手続きはレッスンの合間に行なっていて、

特に12月は、社会人や大学生の入会や高2生のコース変更などでレッスン以外の業務が忙しいため、入会時期のピークをずらして頂けると助かるのです。

では今回ご紹介する、Web公務員スクールについて説明をいたします。

ご存知の方もいるかと思いますが、高校生には現役合格専用の公務員Jスクールがございます。

試験時期にまだゆとりのある高校生にはこちらをオススメしています。

公務員Jスクールは、

基本教材と274本の解説ビデオを1年間使用して、公務員の基本的な勉強をしながら月に1回の面談で公務員試験に関する様々な疑問や勉強などのアドバイスを受けながら現役合格を目指すものです。

ただこのコースは公務員合格に必要な過去問演習や面接、論作文の指導がありません。

理由は

●誰でもチャレンジできるように基礎を学ぶ上で負担を減らすためと、

●面接指導や作文添削など、全てのプログラムが必要な人と、そうでない人がいるため、

受験のために共通しているものだけを提供しているからです。

読んでいるあなたの学校がどうなのかは存じませんが、

公務員試験に対する高校のスタンスは全国的に見てもバラバラで、しっかり指導している高校もあれば、大学進学をメインに公務員就職は一切指導しないスタンスの学校もあります。

特に進学校では公務員になることを反対するところもあります。

あなたの(あなたのお子さんの)通われている学校は

いかがでしょうか?

もし公務員就職について指導してくれない状況でしたら、必ずサポートが必要になります。

また高校によっては、

高校と付き合いのある専門学校や短大が公務員の受験指導を出前授業などで行うこともありますが、それはあくまであなたの(あなたのお子さんの)現役合格が目的ではなくて

「不合格だった時の進路先」としての期待があるわけで、そのあたりは微妙かと思います。

なので、

高校2年生から公務員Jスクールに参加されてる会員の何名かは、年内を目処にWeb公務員スクールに「コース変更」したり、高校で十分なフォローがある人はコース変更なしで現役合格を果たします。

前置きが長くなりましたが、

このWeb公務員スクール(高校生版)は公務員Jスクールのプログラムに加え、

自己分析、面接や論作文対策を始め、面接カードやエントリーシートの作成支援など全てのオプションが入っている完全個人指導のレッスンです。

レッスンは10日に1回のペースでWeb形式のオンラインで2022年12月まで行います。

詳しい内容は割愛していますが、

ざっくり言うと、全てお任せで公務員試験にチャレンジできるプログラムだとお考えください。

プログラムの詳しい内容はページ下のリンクに記載していますので、ご覧ください。

会員登録について

Web公務員スクールは次のような方に適しています。

●高3での公務員チャレンジを決めている

●土日を含む9:00から19:00までの時間帯で月3回、1回60分程度のレッスンが受けられる

●学校のフォローが期待できない

●予備校に通う時間がない

●学習以外の職種のアドバイスや面接、論作文もフォローが欲しい

お申し込みを希望される方には、ミスマッチ防止のために事前面談を受けて頂くことになっております。

事前面談はオンラインで行います、お手持ちのパソコンかスマホをご用意ください。

セットアップはフォローしますのでご安心ください。尚、面談は無料です。

下の「事前面談」のボタンを押してご連絡先をおしらせください。

折り返し、面談日時などを調整するためのご連絡を差し上げます。

事前面談は保護者の方とご本人の同席でお願いします。

本人確認の取れない保護者だけの事前面談は受け付けておりません。

また入会とは別の目的を有する方のご応募は固くお断りします。

昨年までに合格した高校生や、その保護者の方のお話を伺うと、秋頃からご家族で進路のことを相談され、期末テストを終えて時間の取れる冬休みから本格的に始動する方が一番多いようです。

そのスケジュールで考えていくと、現役合格を目指すことを決めたのなら、準備はこの時期からするのが最善なのでは無いでしょうか。

公務員の勉強スタートさせて、正しい情報を手に入れて、合格に向けて修正すべき点を見つけていくことは大きなアドバンテージになると思います。

あなたが2022年の公務員試験の現役合格を目指すなら、

3ヶ月分無料で進められる、このオファーを有効活用なさってください。

繰り返しますが、募集期間も人数も少ない募集でございます。

あまり時間は無いかもしれません。

ご本人、ご家族とお話の上、

お決まりになりましたら、「事前面談」ボタンから私たちにご連絡ください。